「若者たちに希望を与える自然体験 すだて漁」

  • 日時:2019年8月29日

8月29日(木)に、「若者たちに希望を与える自然体験 すだて漁」を開催しました。昨年卓話をしていただいた岡田沙織さんが理事長を務める「NPO法人 若者メンタルサポート協会」と協力しての開催で、「NPO法人 若者メンタルサポート協会」が支援している若者たちが参加しました。

午前6:45分という早い時間の集合でしたが、遅れることなく集合し、バスで現地に向かい8時過ぎには到着。前日強風のため中止になったのがうそのような素晴らしい天候の中、12時過ぎまでたっぷりすだて漁を満喫しました。

 理事長の岡田さんからは、以下のメールにもあるような過酷な環境にある若者たちが参加すると聞いていましたので、我々でサポートできるだろうか、楽しんでもらえるだろうかと心配していましたが、そんな心配を吹き飛ばすようなみんなの笑顔にロータリアンが元気づけられるような一日となりました。

 岡田さんからのお礼のメール、参加者のFacebookへの投稿など記載させていただきますのでご覧ください。こんなに喜んでくれて心から嬉しく思いました。

 

■岡田さんからのメール

赤坂ロータリークラブの皆様

本日は楽しい時間をいただき、本当にありがとうございました。

想像を超える楽しさで、一人残らずみんなが「楽しかった」と笑顔で帰って行きました。

ちなみに今日参加してくれた若者の中には・・・

・親の虐待で児童養護施設で育ち、18歳になり自宅に戻され再度虐待に遭い、現在行くあてがなく施設に入っている子(茶髪で一番元気だった子ですが、家族で食卓を囲んだこともなく、今の施設も悪徳なところで薬漬けにされそうになっています)

・両親が小学生の時に亡くなり、施設で育ち、生まれつき車椅子の子

・お母さんの彼氏に15歳の時にレイプされ妊娠し、自分で堕した経験をし、今は祖母の家で暮らしている子

・親の虐待で片耳が聞こえなくなってしまった子

・学校にも行けているけれど、親が常に怒っていて食事もまともに作ってもらえずにいる子など

様々な環境の子たちが来ておりました。

LINEでは話していたけれど今日初めて会うという子も数人いて、最初は緊張してましたが魚を捕り始めたら楽しくなって笑顔が出ていた子ばかりで、本当に楽しい時間だったのだと見ていてとっても感じました。

最後もみんなが「経営者さんということで緊張してたけどみんないい人たちで本当に幸せだった」と言って帰って行きました。

まずは、皆様に心から感謝申し上げます。

本当にありがとうございました!!!

 

関連記事

  1. COVID-19に関連し医療機関への医療物資支援
  2. 青少年交換学生
  3. 風の子会「障がい者は外に出よう」車椅子ボランティア
  4. 東京赤坂高校インターンシップ
  5. 青少年交換学生
  6. 東京マラソンボランティア
  7. 「少年・少女の夢を広げる職業疑似体験」キッザニア東京 にて開催し…
  8. みなとくキッズフェスタ~明日の子育て・まちづくり~

最近の記事

PAGE TOP