東京赤坂ロータリークラブへようこそ

東京赤坂ロータリークラブは1986年10月に創立され、創立31年を迎え、メンバーのうち約27%が30、40代と言う比較的若いロータリークラブです(2018年1月現在)。また、メンバーのうち約12%が外国籍、女性比率は約16%です。日本初のロータリークラブである東京ロータリークラブから分かれてきた東京南ロータリークラブをスポンサークラブとして、東京新南ロータリークラブの名称でスタートしました。創立時の会は25名でした。2006年1月に現在の名称である東京赤坂ロータリークラブに変更しました。毎週金曜日、ANAインターコンチネンタルホテルで例会を開き、毎月第一火曜日には火曜会を開いて、メンバー間の親睦を深めています。

更なる赤坂らしさ、国際化とインクルーシブへ
Further Asakasa-ness, international and inclusive

この度、東京赤坂ロータリークラブの初の外国人会長に選出されたことを大変光栄に感じております。クラブ会員の皆さまの厚い信頼に感謝するとともに新たな使命を重く受け止めております、中森真紀子副会長と森本勝好幹事のサポートをはじめとする、皆さまの助力とともに歩んでいきたいと思っています。
アジア太平洋地域の在外フランス人議員としての政治活動、ならびに会社経営者としての勤務においても、奉仕、高潔性、多様性、相互扶助、連帯というロータリアンの価値観が私の行動指針となっています。この会長職においては、私自身が尊敬してやまない創立メンバーならびに歴代の会長によって築かれたクラブを私自身が引き継いで統括していくことになります。25年間のロータリアンとしての経験を糧にさらに精進していきたいと考えています。
2023年から2024年にかけて、赤坂の地域コミュニティにより密着した関係性を築き、多様性を促進させたいと考えています。赤坂は、文化、ビジネス、外交における中心的な役割を果たしています。そこで赤坂に本部を置く団体と積極的に協同することを通じて、新しい会員を募りたいと考えています。私自身積極的に訪問を行い、赤坂クラブへの新規入会を呼びかけたいと思っています。
赤坂はビジネスの街でありながら、教育や社会福祉、インクルージョン、連帯に積極的に取り組む地域コミュニティが数多く存在します。ロータリーの行事に限定することなく、広く地域のイニシアティブを支援することで、赤坂の地域社会における存在感を高めたいと考えています。赤坂のように経済的に恵まれた地域においても、こども食堂のような組織が存在します。困難な状況に置かれた家庭の増加に伴い、「子ども」というテーマは私にとってとりわけ重要な主題となっています。
最後に、赤坂のクラブが、日本のロータリーならびに国際ロータリー双方に置いて、ロータリー行動グループ(RAG)や国際援助・連帯プロジェクトにより積極的に参加できるよう指導していきたいと考えています。赤坂クラブの例会においては、任意のロータリアンあるいはクラブの行動が、人々や地域社会全体にどの
ような貢献を果たすことができたのか確認する時間を設け、具体的な例を挙げながら討論する時間を設けたいと考えています。
最後に、この2023-2024のコンシニー・中森・森本体制が、日本社会及び海外に貢献しながらも、ともに和やかな時間を持てるような、心地よい雰囲気にあふれた年度になるよう指導していきたいと決意を新たにしています。

2023-24年度会長:コンシニ・ティエリ

It's a great honor for me to become the first non-Japanese president of the Tokyo Akasaka Rotary Club. I thank all Club members for their trust. I realize the challenges of this position, and I know that I can count on the support of my Vice-President Makiko Nakamori and my General Secretary Katsuyoshi Morimoto, just as I can count on the help of everyone.
In my political life as an elected representative of Overseas French in Asia-Pacific, as in my life as a business leader, Rotarian values of fairness, support aid and solidarity guide my actions, but my 25-year commitment to Rotary takes on a new dimension with this presidency, as I will be effectively leading the club bequeathed to us by our founding members and all the past presidents, whose immense work I respect.
During 2023-2024, I want to anchor our club even more firmly in the local community of our Akasaka district and work on our diversity. Akasaka is the district of culture, business and diplomacy. I hope that we can gather new members in the local community through pro-active action with organizations that have established their headquarters in Akasaka, and I will visit their representatives to invite them to join our Club.
Akasaka is the business district, but it's also home to a local community that excels in education, social welfare, inclusion and solidarity. Through our Rotary events, but also by supporting local initiatives, I hope we can become more of an active and visible player in the local Akasaka community. The theme of children particularly appeals to me, because even in an affluent Tokyo district like Akasaka, organizations such as the Children's Cafeteria or Kodomo-Shokudo are seeing an increase in the number of families in difficulty,
Finally, my ambition is for us to be able to take an active part in Rotary Action Groups (RAGs) and international support and solidarity projects, both within Rotary in Japan and Rotary International. At every club meeting, I'll take a minute to describe with a concrete example how the action of a single Rotarian or a club has changed the lives of individuals and entire communities.
In conclusion, I also hope that this 2023-2024 Consigny Nakamori Morimoto year will be one of a pleasant atmosphere, where everyone enjoys a moment of relaxation while working for the community.

C’est un immense honneur pour moi de devenir le premier président non-japonais du Tokyo Akasaka Rotary Club. Je remercie tous les membres du Club pour leur confiance. Je réalise les défis de cette fonction et je sais que je pourrai compter sur le soutien de ma vice-présidente Makiko Nakamori et de mon secrétaire général Katsuyoshi Morimoto comme je pourrai compter sur l’aide de tous.
Dans ma vie politique d’élu des Français d’Asie-Pacifique, comme dans ma vie de dirigeant d’entreprise, les valeurs rotariennes d’équité, d’entraide et de solidarité aiguillent mon action, mais mon engagement rotarien de plus de 25 ans revêt avec cette présidence une autre dimension puisque je vais diriger effectivement le club que nous ont légué nos membres fondateurs et tous les anciens présidents dont je respecte l’immense travail.
Durant cette année 2023-2024, je veux ancrer encore plus d’avantage notre club dans la communauté locale de notre district d’Akasaka et travailler à notre diversité. Akasaka est le quartier de la culture, des affaires et de la diplomatie. Je souhaite que nous puissions recueillir de nouveaux membres dans la communauté locale par une action pro-active auprès des organismes qui ont établi leur siège à Akasaka et je rendrai visite à leurs représentants pour les inviter à rejoindre notre Club.
Akasaka est le quartier des affaires mais c’est aussi celui d’une communauté locale qui excelle dans l’éducation, la protection sociale, l’inclusion et la solidarité. Par nos événements du Rotary mais aussi par le soutien à des initiatives locales, je souhaite que nous puissions devenir davantage un acteur actif et visible de la communauté locale d’Akasaka. Le thème des enfants m’interpelle tout particulièrement car même dans un quartier opulent de Tokyo comme Akasaka, des organisations comme les cafétéria des enfants ou Kodomo-Shokudo constatent la croissance du nombre de familles en difficulté,
Enfin, j’ambitionne que nous puissions, au nouveau du Rotary japonais comme du Rotary international, participer activement à des groupes d’action du Rotary (RAG) et à des projets internationaux d’entraide et de solidarité. A chaque réunion de notre club, je prendrai une minute pour décrire avec un exemple concret comment l’action d’un seul Rotarien ou d’un club a pu changer la vie d’individues et de communautés entières.
Pour conclure, je souhaite également que cette année 2023-2024 Consigny Nakamori Morimoto soit une année d’ambiance agréable, ou chacun passe un moment de détente tout en œuvrant pour la communauté.

2023-24President:Thierry Consigny

Rotary Club / Rotary Theme 2023-24

1905年にシカゴで創設されたロータリーでは、110年以上、さまざまな職業をもつ人や市民のリーダーが「世界を変える行動人」となり、その経験と知識を生かして社会奉仕活動や人道的活動に取り組んできました。

識字率向上、平和構築、水と衛生の改善など、幅広い分野で持続可能な影響をもたらすために、ロータリーの会員は毎日、世界のどこかで活動しています。

世界に希望を生み出そう

国際ロータリー公式サイトへ

例会案内

2023年10月27日

12:30~13:30

通算1694回 :東京都医師会会長 尾崎 治夫 氏

ANAインターコンチネンタルホテル東京(溜池山王)B1F グローリー

〒107-0052 東京都港区赤坂1-12-33

0335051111

アクセスマップへ

2023年10月20日

12:30~13:30

通算1693回 :元プロ野球選手 佐藤 隆彦 氏

ANAインターコンチネンタルホテル東京(溜池山王)B1F オーロラ

〒107-0052 東京都港区赤坂1-12-33

0335051111

アクセスマップへ

2023年10月13日

12:30~13:30

通算1692回 :「ロータリーって楽しい!」 ・・より魅力的なクラブになるために 辰巳興業株式会社 四宮 孝郎 氏

赤坂インターシティAIR

〒107-0052 東京都港区赤坂1-8-1

03-5575-2201

アクセスマップへ

2023年10月6日

12:30~13:30

通算1691回 :イニシエーションスピーチ 田中 佑 氏

赤坂インターシティAIR

〒107-0052 東京都港区赤坂1-8-1

03-5575-2201

アクセスマップへ

例会案内一覧へ

奉仕活動レポート

風の子会「外に出よう」

2023/06/07

5/28に風の子会「外に出よう」に参加いたしました。 今回は「東京駅弁ピクニック」ということで、 東京駅でみんな駅弁を買い、それぞれの班で行きたい場所に行って駅弁を食べ、その後集合時間まで班

続きを読む

奉仕活動 COVID-19に関連し医療機関への医療物資支援

2021/12/23

国際ロータリー3522地区(台湾・台北)のロータリークラブは、日本からのワクチン420万回分の贈呈に感謝するため、17万枚の医療用マスクを東京のロータリークラブを経由し、公益社団法人東京都医

続きを読む

国際奉仕

2020/11/16

韓国 公山城RC カンボジアの小学校にトイレ建設事業(赤坂RC協力)報告 韓国の姉妹クラブである公山城RCがカンボジアの小学校にトイレを建設する事業が、来月竣工式を行います。赤坂RCは、クラ

続きを読む

COVID-19に関連し医療機関への医療物資支援

2020/06/25

東京赤坂ロータリークラブの次年度2020から21年度の奉仕活動として、医療資材の寄付を東京都医師会へ行いました。2020年6月24日、その贈呈式を東京都医師会で行いました。   当日は、公益

続きを読む

国際奉仕プロジェクト

2019/12/15

タイトル: 「紅いパン」(中国エイズ孤児)絵画展 日程: 12月11日~14日 場所: 日中友好会館 美術館、大ホール ほか 4日間にわたる開催でしたが、メーンイベントは初日に設定されました

続きを読む

親睦活動レポート

暑気払い

2023/07/20

7/19(水)18:30~ イタリアンレストラン パッパガッロ竹芝にて開催。 100万人のクラシックライブを楽しみました。 ヴァイオリン 青嶋 祥代 氏 / ピアノ 熊井 麗音 氏 参加者3

続きを読む

7月火曜会

2023/07/05

7/4 18:30~ホテルニューオータニ東京・ガンシップにて開催。 コンシニ会長から挨拶とフランスの暴動の背景の話がありました。小川親睦リーダーへ皆さまから親睦会のあり方についてアドバイスを

続きを読む

2022-23年度 国際大会

2023/06/07

2022-23年度国際大会がオーストラリア メルボルンにて開催されました。 ・開催期間:2023年5月27日(土)~31日(水) ・開会式28日(日) 会場:メルボルンアンドエキシビションセ

続きを読む

東京麻布RC・東京グローバルRC・ 東京赤坂RC合同例会

2023/05/20

5/19(金)12:30~13:30 ANAインターコンチネンタルホテル東京B1Fオーロラにて 東京麻布ロータリークラブ・東京グローバルロータリークラブ・東京赤坂ロータリークラブ3クラブ合同

続きを読む

台北東海RC・東京赤坂RC 友好クラブ締結式

2023/04/29

日時:4月28日(金)18:00~ 場所:グランドヴィクトリアホテル(維多麗亜酒店) 参加者:穂苅裕久、穂苅真里子、谷口友保、コンシニ・テイエリ、柴田みゆき、入沢頼二、岩上義明 岩上曜子、河

続きを読む

Make Up / メークアップ

メークアップとは会員が他のクラブの例会に出席することです。
自分の所属するクラブの例会に出席できないとか、あるいは欠席が予定されるときは定例の前後14日以内に他のクラブの例会か、他の所定の会合に出席し、メークアップを行います。ロータリアンのみなさまのメークアップをお待ちしております。

  1. 例会日・時間

    毎週 金曜日 12:30〜13:30(※例会日時は変更になる場合がありますので、予定表をご確認の上お出かけください。)

  2. 会場案内

    ANAインターコンチネンタルホテル東京(溜池山王)
    〒107-0052 東京都港区赤坂1-12-33
    電話番号:03-3505-1111 Fax:03-3505-1155
    例会場アクセスマップへ

  3. 登録費用

    通常:5,000円/軽食週:4,000円

メークアップのお問い合わせ

PAGE TOP