「奉仕の集い~We are one!!パラリンピアンを迎えて~」無事終了しました!

日時:2015年10月3日(土)12:30~17:30
場所:都立芝商業高校体育館
参加:ロータリアン25名

 

この集いは東京都・港区・風の子会・芝商業高校の生徒のみなさん、ロータリアンのみなさんにご参加いただきました。芝商業高校の方には場所の提供やたくさんの生徒さんに参加していただき、改めてお礼を申し上げます。

 

 

東京赤坂ロータリークラブでは地域社会奉仕活動として一昨年は港区の小学生・父兄を対象とした港区キッズフェスタを赤坂区民センターで港区長の武井雅昭様を迎えて開催致しました。開催では約460名の小学生と父兄が参加していただき有意義なフェスタとなりました。昨年は港区立中学校7校の校長先生・先生達とロータリアンとの交流会を国際文化会館で「キャリア教育と学・社連携について」を開催致しました。ここでは港区教育長の小池眞喜夫様を迎えて議論致しました。

 

そして今年度の奉仕活動を考えたとき何の抵抗もなく小学生から中学生そして高校生を対象とすることになりました。プログラムを検討し、青少年が障害者に対する意識高揚と優しい気持ちを育くむ事そしてバリアフリーの重要性を考える場を目的とし芝商業高校と障害者団体「風の子会」の交流を行う事と致しました。さらにこのプログラムに2020年開催のパラリンピックが控えている事からパラリンピアンを迎えての車椅子バスケットのスポーツ体験を行いそこからwe are one!!みんなが一つなんだ元気になろう!!とテーマを決め、実行に移りました。ここで企画から実施に至るまでを少し触れたいと思います。

 

まず、奉仕の集い実行委員会を清水奉仕プログラム委員長にこの役をお願いし、進めました。実行委員会では委員長に清水会員、副委員長に関会員、企画担当に橋本が広報担当に入沢会員、運営担当に村山会員・石井達会員がそれぞれ担当しクラブ全員で進めることに致しました。また、ロータリー財団に地区補助金申請手続きを行いこのプログラムを認めていただきました。開催は芝商業高校の体育館・校庭で10月3日土曜日に実施致しました。開催当日は305名の高校生・障害者団体「風の子会」・知的障害者の東京都支援学校・ロータリアンそれと武井港区長をはじめとするゲストのみなさまにご参加をいただきました。地区からは大槻ガバナーエレクト・中谷ガバナー補佐他多くの方々にご参加いただきました。水野ガバナーからはパンフレット掲載用のご挨拶をいただいております。

 

このプログラムを通じ、地域社会に対し大きなプレゼントになったことを確信いたしております。プログラムにご協力いただきました全ての関係者の方々に深く感謝を申し上げます。これからも東京赤坂ロータリークラブでは地域社会・国際社会へのプレゼントを目指し行動していく所存です。

関連記事

  1. 風の子会「障がい者は外に出よう」
  2. インターシティーミーティング
  3. 風の子会「障がい者は外に出よう」車椅子ボランティア
  4. 青少年交換学生
  5. 風の子会「障がい者は外に出よう」
  6. みなとくキッズフェスタ~明日の子育て・まちづくり~
  7. 陸前高田を訪問
  8. 風の子会「外へ出よう」

最近の記事

PAGE TOP