木下 京子 (Kyoko Kinoshita)

2018.05.17

入会年月日:2017年6月

「赤坂RCへ入会したきっかけをお教えください。」
「ロータリーに入ると、世界中の人に会える」と、いつも大変お世話になっている方に紹介いただき、2015年に入会を決めました。「世界中の人に会える」ことは、去年の国際大会(アトランタ)に参加して実感できました。

「赤坂RCに加入して良かったことを教えてください。」
入会したばかりの頃、クラブのみんなで奉仕活動を行い汗を流せたことです。社会のために何か役立ちたいと思っていても、一人ではできることが限られます。でも、みんなで力を合わせたら大きく活動できることを目の当たりにし、その素晴らしさを実感しました。参加する方が主役になれるベースを作れたことがとても良かったです。

「赤坂RCの魅力について教えてください。」
家族ぐるみでお付き合いができることです。2016年7月に長男を出産しましたが、妊娠中も出産後も私の体調を優しく気にかけてくださり、出産後も元気に例会に復帰することができました。家族で参加できる夜間例会は楽しみの一つです。小さなお子さんのいる会員の奥様と子育ての話で盛り上がります。息子はみんなに可愛がっていただき、社交性も芽生えてきました。

「クラブに入ってからの不安や困っていることは何でしょうか。」
初めてメーキャップをした時、知人のいないクラブに一人で参加するのはとても緊張しました。「どこへ会っても~やあと言おうよ~」のロータリーソングの通り、積極的に話しかけてくださいました。他クラブの例会の様子を見れたり、活動内容を聞けたりと有意義な時間でしたが、心は落ち着きませんでした。知り合いと一緒に行けたらより良かったかもしれません。翌週、赤坂RCの例会に戻った時の、ホームに帰ったような安堵感は忘れられません。今後はメーキャップにもっと慣れていきたいです。

「今後クラブをどのようにしていきたいですか?また、どのように活動していきたいですか?」
現在は公共イメージ委員会でサブリーダーを務めていますが、今後ももっとロータリークラブの活動を広く伝えていきたいと思っています。地域の方と一緒に活動をするのもいいかもしれません。


PAGE TOP