親睦旅行(北陸新幹線の旅)!新幹線を利用して北陸方面への親睦旅行が行われました。

東京赤坂RCの親睦旅行時の活動内容が現地新聞に紹介されました。

 

東京赤坂RCが高岡に親睦旅行 アルペンルート観光も

東京赤坂ロータリークラブのメンバー約20人が18日、来県し、高岡市内の国宝瑞龍寺や金屋町などを巡り、高岡の歴史や伝統産業に触れた。19日は立山・黒部アルペンルートを訪れ、雪の大谷など富山の自然も満喫する。

同クラブの河邉幸夫親睦活動委員長が高岡青年会議所の講師を務めたこともあり、親睦旅行先として、首都圏と新幹線で2時間余りで結ばれた県内を選んだ。青年経済人でつくる高岡元気共創クラブ(川島国会長)がもてなした。

JR新高岡駅に到着した一行は、市内の海鮮問屋柿の匠で昼食後、鋳物メーカー・能作の現場作業を見学。瑞龍寺で重厚な造りの建造物を見て回った。金屋町も訪れ、石畳の風情ある街並みを歩いた。

石井謙次会長は「歴史を感じる落ち着いた街。富山の自然も楽しみたい」と話していた。一行は19日に立山・黒部アルペンルートを観光し、JR富山駅から新幹線で帰京する。 (2015年4月19日 北日本新聞)

 

 

歴史都市の魅力触れ 赤坂RC 新幹線で高岡へ

東京・赤坂の経済人らでつくる東京赤坂ロータリークラブ(RC)の親睦旅行は18日、1泊2日の日程で始まった。会員約30人が北陸新幹線で高岡市に入り、市内観光地を巡りながら歴史都市の魅力に触れた。

東京赤坂RCの北陸旅行は初めて。高岡元気共創クラブが北陸新幹線新高岡駅の利用率向上を目指す「一人一客」運動の一環として同RCを高岡へ招待した。会員は東京で「はくたか557号」に乗車し、新高岡駅に降り立った。

一行は国宝瑞龍寺や高岡大仏を見学。末広町の料理店大野屋では歌手林道みゆきさんによる「かかやきライブ」が開かれ、伸びやかな歌声に聞き入った。

19日は立山を訪れ、雪の大谷ウオークなどを楽しむ。東京赤坂RCの石井謙次会長は「高岡の町並みは趣があった。北陸新幹線も揺れが少なく、快適だった」と笑顔を見せ、高岡っ元気共創クラブの川島国会長は「今度も招待に力を入れ、地元の魅力発信に努めたい」と話した。 (2015年4月19日 富山新聞)

関連記事

  1. 暑気払い
  2. 暑気払い・新会員歓迎会
  3. 公山城ロータリークラブと姉妹クラブの締結
  4. 毎年恒例ファミリーデーを開催しました。
  5. ゴルフ同好会
  6. 夜間例会
  7. ファミリーデイ
  8. 火曜会

最近の記事

PAGE TOP